モロヘイヤを保存する際に注意する点とモロヘイヤの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>モロヘイヤを長持ちさせる保存方法

最近食用として有名になったモロヘイヤは、茹でて刻んで食べることができ栄養価の高い野菜ですが痛みやすく日持ちしないことが特徴の一つです。

刻むと納豆のような粘りがでてくるのも特徴の一つでカルシウムやカロテン、ビタミンB、C、食物繊維などの栄養素を大量に含んだ緑黄色野菜です。

【モロヘイヤの冷蔵保存期間】2日程度
【モロヘイヤの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 モロヘイヤを買う時の選び方

モロヘイヤは葉を食べる野菜ですが、乾燥に弱くすぐにしなべてしまうので日持ちを少しでもさせたい場合はしっかりと選んで買うことをおすすめします。

■新鮮なモロヘイヤの選び方
1.夏野菜なので基本的に旬の8月頃が一番美味しい
2.葉にハリがあり厚み弾力のあるもの
3.茎の色が変色しておらず鮮やかな緑色のもの
4.茎がしっかりしていてみずみずしい切り口のもの

■避けたほうが良い状態のモロヘイヤ
1.葉が黄色に変色してきている
2.葉がしなべている

STEP2 モロヘイヤの冷蔵保存方法

葉部分を食用とするモロヘイヤは乾燥に弱く日持ちには向いていないので2~3日程度で食べきることができない場合は軽く下茹でして冷凍保存したほうが長期保存が可能となります。

■モロヘイヤの正しい冷蔵保存方法
1.茎を軽く水で湿らせて新聞紙で包みます
2.ポリ袋に入れて密閉する
3.冷蔵庫の野菜室に入れて冷蔵保存
※モロヘイヤは水分がなくなるとすぐしなべてしまうので水で湿らせておくことが大切です。

■モロヘイヤの冷蔵保存可能期間
・モロヘイヤの冷蔵保存期間:2~3日程度

STEP3 モロヘイヤの冷凍保存方法

モロヘイヤを長期保存しようと思ったら冷凍保存以外にはありません。
しっかり下処理して冷凍保存しておけば長期間食べることができるので下記を参考にしてください。

■モロヘイヤの冷凍保存方法
1.少量の塩を加えてお湯で軽くした茹でします
2.ザル等にあげて水気を切りしっかり冷まします
3.食べやすい大きさに刻みます
4.フリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れて冷凍保存

■モロヘイヤの冷凍保存期間
冷凍保存期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

モロヘイヤの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>モロヘイヤを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP