インスタントコーヒーを保存する際に注意する点とインスタントコーヒーの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>インスタントコーヒーを長持ちさせる保存方法

インスタントコーヒーは開封前であれば、直射日光を避け、低温、乾燥した場所で保存することで約3年程度持ちます。

開封後であっても賞味期限を過ぎているからすぐに飲めなくなるということはなく、サラサラした粉の状態であれば飲むことは可能です。
しかし開封後は日数が経過すればするほどコーヒーの風味が薄れていくので美味しいコーヒーを飲むのであれば開封後はできるだけ早く飲んでしまいましょう。
【開封前のインスタントコーヒーの保存期間】3年程度
【開封後のインスタントコーヒーの保存期間】1ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 インスタントコーヒーの淹れ方・効能

インスタントコーヒーはコンビニやスーパーなどどこでも手に入り淹れ方は、お湯をそそぐだけですが淹れ方を少し変えるだけで味の変化があります。
美味しく淹れる方法として、砂糖はお湯を注いでから入れミルクは砂糖を入れてかき混ぜてから入れると良いとされています。
インスタントコーヒーを適量入れて、少量の水で溶かしてよく練ってからお湯を注ぐと味がよくなります。

効能としましては、インスタントコーヒーにもポリフェノールは入っています。
コーヒーの色や苦味のもととなっているクロロゲン酸という成分は、強い坑酸化作用を持っておりこの成分の働きによって、がんや糖尿病、動脈硬化の予防に効果があるという研究が報告されています
また、朝コーヒーを飲む人は多いと思いますが、モーニングコーヒーに砂糖を入れると脳に栄養分が補給されるので勉学・頭脳労働にかなり効果があると言われています。
コーヒーの覚せい作用も活性化に一役かっています。

最近では脂肪分解によるダイエット効果にも注目されています。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸に脂肪の分解を促進させる効果があるほか、カフェインには脂肪を燃焼させる酵素リパーゼを活性化させる働きがあるので、Wの効果が期待できます。
まだ研究段階ですが、血行促進や抗酸化作用によってガンや老化防止にも効果があると言われています。

STEP2 インスタントコーヒーの保存方法

開封後は食器棚などの下で保存するのがいいです。ふたの内側のラベルは全部剥がすか全部残してふたと隙間ができないようにして下さい。
開封後の賞味期限は、高温・湿気を避けてふたをしっかり閉めて保存すれば、約1か月おいしく飲めます。
また、冷蔵庫や冷凍庫で保管すると、開け閉めの際に水滴が付着したり、他の食品の匂いがついてしまう可能性があるのでおすすめできません。
インスタントコーヒーの保存方法は下記を参考にしてください。

■開封後のインスタントコーヒーの正しい保存方法
①ふたの内側のラベルは全部剥がすか全部残してふたと隙間ができないようにして下さい
②高温・湿気を避けて食器棚の下等に入れて保存します
③使用時にはぬれたスプーンでの使用は避け、キャップはきっちり閉め密閉することが大切です

■開封後のインスタントコーヒーの保存可能期間
・開封後のインスタントコーヒーの保存期間:1ヶ月程度

STEP3 インスタントコーヒーの特徴と種類

インスタントコーヒーとは、お湯で溶かして飲むタイプのコーヒーのことです。コーヒー豆を含まず、コーヒー抽出液だけを原料とする製品に限ります(コーヒー豆を含むと「レギュラーコーヒー」扱いになります。)。

インスタントコーヒーにはスプレードライ製法とフリーズドライ製法があります。
スプレードライ製法とは、熱い鉄板に霧吹きでコーヒー液を吹きかけて蒸発させる方式のことで粒が小さいので水に溶けやすく、アイスコーヒーを作るのに向いています。仕組みが単純なので大量生産ができ、値段も安いですが、一瞬で蒸発させるので風味が飛び、焦げたような味がします。
フリーズドライ製法は、一度コーヒーを凍らせて細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方式でスプレードライ製法より風味を保ったまま粉末状にできますが、手間が多いので価格も高く、粒が大きいので水には溶けません。
スプレードライ製法を使った商品は、ネスカフェエクセラ(ネスレ)、ブレンディ(AGF)、クラスワン(UCC)などがあります。
フリーズドライ製法を使った商品は、ネスカフェ ゴールドブレンド(ネスレ)、マキシム(AGF)など、高級なインスタントコーヒーのほとんどにこの製法が用いられてます。

あわせて読みたい関連テーマ

インスタントコーヒーの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>インスタントコーヒーを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP