プルーンを保存する際に注意する点とプルーンの選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>プルーンを長持ちさせる保存方法

プルーンといえばドライプルーンもしくはジャムでの流通が多く、プルーンの持っているペクチンやカロテンやビタミンEも豊富に含まれていますから、トーストやヨーグルトと一緒に摂取すると栄養のバランスがとれます。
ペクチンにはコレステロールの吸収を抑える働きがあり、カロテン、ビタミンEは抗酸化作用といわれる成分で、成人病予防や老化防止に効果があります。
プルーンは鉄分が多いというイメージがありますが、以外にもそれほど多くはありません。
最近ではプルーンの特性を活かし、ピュレにしてバターの代用品として使うこともあります。プルーンピュレを比較すると、そのカロリーはバターの1/6です。
生プルーンの保存方法等については下記を参考にしてください。

【プルーンの冷蔵保存期間】2週間程度
【プルーンの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 プルーンを買う時の選び方

プルーンの品種によって収穫時期が違い、早生種(7月下旬~8月上旬)、中生種(8月上旬~9月上旬)、晩生種(9月上旬~10月上旬)が収穫時期になります。

生プルーンを選ぶ際に必ず見て欲しいのがプルーンの実の表面に白く粉がふいているかどうかです、白い粉はブルームといわれるもので果実の表面をコーティングする自己膜です。
選ぶ時は、ブルームが剥がれていないものを選びましょう。
美味しいプルーンを選ぶ際の注意するポイントは下記の通りです。

■美味しいプルーンの選び方
1.実の表面に白く粉(ブルーム)がふいているもの
2.表面の白く粉(ブルーム)が剥がれていないもの
3.ヘタの色が緑色のもの
4.実の表皮が均一に色づいているもの
5.実の固すぎないもの

STEP2 プルーンの冷蔵保存方法

プルーンの保存方法は、基本的には冷蔵保存となります。
完熟度合いにもよりますが、未熟(固い)なプルーンの場合は常温で追熟してから冷蔵保存すると良いでしょう。
また、完熟後の保存時には乾燥に注意しておくことが大切です。
詳しい冷蔵保存方法は下記を参考にしてください。

■プルーンの冷蔵保存方法
1.乾燥を防ぐためのラップもしくはポリ袋に入れます
2.冷蔵庫の野菜室に保存します

■プルーンの冷蔵保存可能期間
・プルーンの冷蔵保存期間:2週間程度

STEP3 プルーンの冷凍保存方法

プルーンは冷凍も可能です。まだ実が若い未熟の状態のものは、常温で追熟させ完熟後に冷凍保存する方が、解凍してからすぐに食べられます。
冷蔵・冷凍どちらも皮付きのままで保存してください。
詳しい冷凍保存方法は下記を参考にしてください。

■プルーンの冷凍保存方法
1.完熟しているプルーンをさっと水で洗います
2.水気をきってからフリーザーバック等に入れます
3.冷凍庫にて冷凍保存します

■冷凍プルーンの使い方
・冷凍のままシャーベットとして食べることができます

■冷凍プルーンの冷凍保存期間
・冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

STEP4 プルーンの特徴と種類

プルーンとは、バラ科サクラ属・西洋スモモの果実を指します。
「プルーンとプラムはどう違うのか」という質問がありますが、分類には諸説あるようです。
すももをプラム、西洋すももをプルーンと分類することが多いようです。
一般に多く流通しており、スーパーなどで手軽に入手できるプルーンの品種は「サンプルーン」といわれるもので、それ以外では「スタンレイ」という品種になります。
品種には早生種、中生種、晩生種の3種類で、先述の「サンプルーン」「スタンレイ」は晩生種に属します。
プルーンは様々な料理やお菓子に使われており、その用途も多岐にわたっています。
爽やかな甘さのため料理しやすく果実もしっかりとしているので、焼き菓子にも使われます。

あわせて読みたい関連テーマ

プルーンの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>プルーンを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP