メロンを保存する際に注意する点とメロンの選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>メロンを長持ちさせる保存方法

メロンには果皮表面にネットのあるネット系メロンと、ネットのないノーネット系のメロンの2種類が存在しています。

ネット系メロンには、その名の示す通りのマスクメロン、そして高級種と知られています夕張メロンなどがその代表格として、挙げられます。
ノーネット系メロンの代表的なものは、よく流通しておりますプリンスメロンなどがあります。

また、果肉の色によって分類する場合には、赤肉系、青肉系、白肉系の3種類に分けることが出来ます。
赤肉系の代表格は、夕張メロンでしょう。
青肉系の代表的なものは、アールスメロンそして、アンデスメロンが挙げられます。
そして、ホームランメロンというメロンもあり、このメロンは、白肉系に該当いたします。

【メロンの常温保存期間】10日前後(追熟期間を含めて)
【メロンの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 メロンを買う時の選び方

おいしいメロンの選ぶコツは形が大きな目安になります。
完全に管理されたメロンは、非常にバランスのとれた形状をしており、あらゆる面で美味しさを追求する為の施術が施されておりますのでメロンを選んでいく上での重要なポイントになります。
形のバランスの良さは、そのまま安定した良質の味の良さに直結していることが言えるのです。
同じく、メロン栽培上管理徹底されたものは、メロン表面の網の目もくっきりと盛り上がっており、こういった状態のメロンは非常に美味という事になります。

そしてもう1点重要な事は、メロン自体の重みになります。
ずっしりと重量を感じる状態のメロンは、中の果実が凝縮されていますので、種も少なく大変良質で、メロン本来の栄養度も甘味も凝縮されていますので、最上のメロンと云えます。

STEP2 メロンの常温保存方法

未完熟のメロンは、そのままでは硬くて食べることが出来る状態ではありませんので、ある程度まで熟すまで常温で保存しておく必要があります。
追熟時の温度の目安としましては、20~25℃の範囲で、追熟させる必要があります。
通常、追熟期間は収穫後1週間程度がおおよその追熟期間と言われています。
※未完熟のメロンを冷蔵庫に入れると追熟しなくなるので注意してください。

また、カットしてから保存する場合は、非常に味が落ちやすいため、完全密封するくらいにラップで包んでおくと味が損なわれにくくなります。
メロンの保存方法は下記を参考にしてください。

■メロンの常温保存方法
1.追熟期間は20~25℃の冷暗所にて追熟させてください
2.完熟後は非常に賞味期限が短くなるので早めに食べてください
※冷蔵庫に移すのは、実際に食べる2~3時間前の範囲が理想です。
※冷蔵する場合は必ず完熟してからでないと、追熟しなくなってしまいます。

■メロンの常温保存可能期間
・メロンの冷蔵保存期間:10日前後(追熟期間を含めて)

STEP3 メロンの冷凍保存方法

メロンは完熟してしまうと賞味期限がとても短いので腐る前にすぐに冷凍保存してください。
本来の食感が失われるのが欠点ですがシャーベット状であれば美味しく食べることが可能です

■メロンの冷凍保存方法
1.メロンの皮と種を取り除きます
2.食べやすい大きさにカットします
3.フリーザーバック等に並べて入れ空気を抜きます

■冷凍メロンの使い方
・凍った状態もしくは半解凍状態でシャーベットとして食べれます

■冷凍メロンの冷凍保存期間
・冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

メロンの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>メロンを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP