マンゴーを保存する際に注意する点とマンゴーの選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>マンゴーを長持ちさせる保存方法

マンゴーは、ウルシ科マンゴー属の果樹のことを指します。また、果樹になる果実もマンゴーと呼びます。
マンゴーの歴史は古く、栽培は紀元前にインドで始まったとされ現在でも、インドはマンゴーの世界最大の生産国です。
500種類以上のマンゴーが生産されているインドからは、世界各国にむけて輸出されています。

マンゴーは雨季のある地域で生産されることが多く、この雨季の雨のことを「マンゴーレイン」と呼ぶ地域もあり雨季の雨によってマンゴーは甘く熟して行きます。

マンゴーの種類は数百に及びますが、主なものはアップルマンゴーと呼ばれているアーウィン種、日本で栽培されているのはアップルマンゴーがほとんどです。その他にキーツマンゴー、ペリカンマンゴーなどがあります。日本では沖縄や鹿児島、宮崎などで栽培されていますが、特に宮崎県のマンゴーは有名で、特に「太陽のタマゴ」と称されるものは宮崎経済連の定める厳しい基準を通過した最高級の完熟マンゴーを指します。
またメキシコやブラジル、台湾やフィリピン、タイなどからもたくさんアップルマンゴー・ゴールデンマンゴーなどが輸入されています。

【マンゴーの冷蔵保存期間】3~4日程度
【マンゴーの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 マンゴーを買う時の選び方

美味しいマンゴーの選び方としては、見た目に美しく皮に張りがあるものが良いでしょう。
皮の表面に傷や黒い斑点などがなくつるんとしてしっかりしたものを選ぶと安心です。

硬貨のような大きさの斑点が皮の表面に見られるものは病気になっている果実の可能性があるので避けた方が良いでしょう。
柔らかすぎたり、皮の色が変な色に変色してしまっていたり、しわが出ているものなどは熟しすぎてしまって美味しくありません。

STEP2 マンゴーの冷蔵保存方法

マンゴーは通常、果肉が固く未熟なものは常温で保存し食べごろになるまで室温で追熟させます。
追熟の目安は、甘い香りが強くなり、軽く触り柔らかさを感じれば完熟しています。

完熟したら好みによってそのまま常温で食す、もしくは、冷蔵庫で1~2時間冷蔵して食卓に供します。
常温での追熟期間としては、収穫日からだいたい5~6日程度で熟して完熟後は3~4日程度の保存が可能です、輸入品などは未熟なまま収穫することが多いので10日程度の保存期間となります。
マンゴーの保存方法は下記を参考にしてください。

■完熟マンゴーの冷蔵保存方法
1.濡らした新聞紙に包みます
2.ポリ袋等に入れます
3.冷蔵庫の野菜室にて冷蔵保存してください
※冷蔵する場合は必ず完熟してからでないと、低温障害で追熟しなくなってしまいます。

■完熟マンゴーの冷蔵保存可能期間
・完熟マンゴーの冷蔵保存期間:3~4日程度

STEP3 マンゴーの冷凍保存方法

マンゴーは完熟してしまうと賞味期限がとても短いので悪くなりそうならすぐに冷凍保存してください。
本来の食感が失われるのが難点ですが捨てるよりは絶対に良いでしょう

■マンゴーの冷凍保存方法
1.マンゴーの皮を剥き種を取り除きます
2.食べやすい大きさにカットします
3.フリーザーバック等に並べて入れ空気を抜きます

■冷凍マンゴーの使い方
・凍った状態もしくは半解凍状態でシャーベットとして食べれます

■冷凍マンゴーの冷凍保存期間
・冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

マンゴーの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>マンゴーを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP