梨を保存する際に注意する点と梨の選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>梨を長持ちさせる保存方法

日本人には梨が好きな人は多いですが梨の特徴について詳しく知っている人はなかなかいないものです、梨をもっとおいしく食べるために特徴と種類を知っておきましょう。
梨はバラ科ナシ属の果実で中国から日本には弥生時代にやってきました。長い期間をかけ今では品種改良が行われてたくさんの種類ができています。
和梨、洋梨、中国梨がありますが、日本では和梨がよく出回っています。和梨には皮の色で大きく2種類のタイプに分かれます。 

お店でよく見かける幸水や豊水などの赤梨系と20世紀梨などの青梨系です。
現在では20世紀梨などはあまり出回らなくなり、甘みや水分量の多い赤梨系が大半を占めるようになりました。 日本人の好みに合う梨に絞られてきたのでしょう。

【梨の冷蔵保存期間】1週間程度
【梨の冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 梨を買う時の選び方

梨の選び方と食べ頃の見方を紹介します。
梨は下の方が甘味が強くなっています。選ぶポイントは形が扁平ぎみでお尻がどっしりしたものがいいですね。
色は20世紀梨の青梨ですとみずみずしい緑色のものはしゃきしゃきして水分量が多いものです。それが黄色の部分が多くなるにつれて甘味が強くなっていきます。
20世紀梨の場合は黄緑色の中にまだらに黄色が入った状態が甘味が強く一番おいしいものになります。これは虎の模様に似ていることから「虎熟れ」といわれます。

また幸水などの赤梨の場合は、薄い茶色のものよりも赤みがかかった状態のものの方が食べ頃のおいしい状態です。
梨は追熟しないので食べ頃のものを選ぶことが大切です。
最後に手に持った時にずっしりと重く身が強く固く締まっているものを選びましょう。

STEP2 梨の冷蔵保存方法

梨のおいしさはやはりしゃきしゃきした食感と果汁がいっぱいのジューシーなところです。
しかししっかりと保存しておかないと本来の食感と旨みの低下を招いてしまいます、そこで本来の旨みを損なわないように上手な保存法で保存しましょう。
梨の保存方法は下記を参考にしてください。

■梨の冷蔵保存方法
1.乾燥を防ぐために一つ一つラップを巻きます
2.ポリ袋等に入れしっかり密閉してください
3.冷蔵庫の野菜室にて冷蔵保存してください
4.保存の際はヘタ部分を下にして保存します

■梨の冷蔵保存可能期間
・梨の冷蔵保存期間:1週間程度

STEP3 梨の冷凍保存方法

梨独特の食感であるシャキシャキ感がなくなってしまうので本来梨は冷凍保存には向いていません。
しかし梨自体あまり日持ちする果物ではないので賞味期限が近いと思った場合は悪くする前に冷凍保存してしまった方が良いでしょう。

■梨の冷凍保存方法
1.梨の皮を剥きます
2.レモン汁を入れてミキサーにてピューレ状にします
3.ジップロックなどの密閉できる袋に入れます
4.薄く平らにしてから冷凍庫にて冷凍保存してください。

■冷凍した梨の使い方
・冷凍をしたものの使い道としては煮込み料理に入れる
・シャーベットとして食べる

■梨の冷凍保存期間
・冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

梨の賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>梨を長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP