グレープフルーツを保存する際に注意する点とグレープフルーツの選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>グレープフルーツを長持ちさせる保存方法

グレープフルーツは、そのほとんどがフロリダや南アフリカからの輸入品です。なぜかというと、栽培に気温が適していないためです。
グレープフルーツは沢山のビタミンCを含んでいます。その量は、一つ食べると一日分のビタミンを吸収出来てしまうほどです。
またクエン酸なども含んでいるため、疲れた身体にもってこいのフルーツだと言えます。

グレープフルーツには沢山の種類があります。マーシュ、ルビー、スタールビー、リオレッド、スウィーティー、オロブランコ、メロゴールド、フレームなど。
また食べるたけでなく、その香り自体も様々な効能を持っています。
心への効能として、気持ちをリフレッシュして幸福感を高めてくれるというもの、また身体の代謝を高め、脂肪の燃焼を促進するなどの効能があります。

【グレープフルーツの常温保存期間】4~5日程度
【グレープフルーツの冷蔵保存期間】2週間程度
【グレープフルーツの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 グレープフルーツを買う時の選び方

グレープフルーツを選ぶ際は、表面にツヤとハリがありみずみずしいもの、丸く形が整っているもの、またずっりし重みがあるものを選びましょう。
果皮にへこみがある場合は、その部分がよく日光をあびていない可能性があります。グレープフルーツは一つの枝にたくさんの実を付けるため、隣の実とくっついたまま育っている場合があるためです。

たくさん太陽の光をあびて、栄養がたっぷりのグレープフルーツを選ぶには、でこぼことしたへこみや平らな部分がないものを選ぶのがオススメです。

また皮がごわついているものは実がつまっていないものが多いため、避けたほうがよいでしょう。乾燥しているグレープフルーツは味が落ちているので注意しましょう。

STEP2 グレープフルーツの冷蔵保存方法

グレープフルーツを保存する際は、まずは一つ一つよく洗うよう心がけましょう。
グレープフルーツには収穫した後、出荷する為沢山の防腐剤や防カビ剤が利用されています。
その上でしっかりとした保存方法で保存することで日持ちしやすくなります。

■グレープフルーツの常温保存方法
1.グレープフルーツを洗います
2.傷凹み等がないことを確認
3.傷等があるものは一緒に保存すると他のものにも悪影響を与えますのでわけてください 4.風通しのよい冷暗所にて保存してください
※涼しい季節は常温でも保存が可能ですが暑い季節は冷蔵庫にて保存するようにしてください。
■グレープフルーツの常温保存可能期間
・グレープフルーツの常温保存期間:4~5日

■グレープフルーツの保存方法
1.グレープフルーツを洗います
2.傷凹み等がないことを確認
3.傷等があるものは一緒に保存すると他のものにも悪影響を与えますのでわけてください
4.一つ一つラップで包みます
5.冷蔵庫の野菜室にて冷蔵保存します
※まとめてビニール袋に入れて野菜室保管でも大丈夫ですが、その際はカビに注意しましょう。一つカビが発生するとすぐほかのものにも移ってしまいます。
※冷蔵庫に入れてしまうと低温障害を起こし食べられなくなる場合があるため、野菜室に保管するようにしましょう。
■グレープフルーツの冷蔵保存可能期間
・グレープフルーツの冷蔵保存期間:2週間程度

■カットしたグレープフルーツの保存方法
1.ラップで切り口を覆います
2.冷蔵庫の野菜室にて冷蔵保存します
※一度カットするとカット面からすぐに傷んでしまいますので早めに食べてください。
■カットしたグレープフルーツの保存可能期間
・カットしたグレープフルーツの保存期間:2~3日程度

STEP3 グレープフルーツの冷凍保存方法

グレープフルーツは冷凍保存も可能ですが解凍時に本来の食感が失われてしまいますが、使い切れない場合は冷凍保存して無駄を減らしましょう。
詳しい冷凍方法は下記を参考にしてください
■グレープフルーツの冷凍保存方法
1.皮をむいて房から出します
2.タッパー・フリーザーバック等に入れます
3.冷凍庫にて保存してください

■グレープフルーツの冷凍保存期間
・冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

グレープフルーツの賞味期限(傷み具合)

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>グレープフルーツを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP