エビを保存する際に注意する点とエビの選び方について掲載

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>エビの保存方法

エビの特徴としては高タンパク質で低脂肪というのが特徴です。
また、ビタミンEが多く含まれていることも特徴的になります。
このタンパク質には疲労の回復や免疫力をアップさせてくれる作用がありエビに含まれるビタミンEには細胞の酸化を防ぎ、老化を予防してくれる効果があります。
女性ホルモンや男性ホルモンを分泌させ、生殖機能を維持してくれる働きがあるとも言われています。

エビには悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
これによって血圧の上昇を抑え、正常に保つことができます。

エビは動脈硬化や高血圧に効果のありエビの外殻には動物性の食物繊維が含まれており、肥満を防止したり腸の調子を整えてくれる効果もありサプリメントに利用されることがあります。

ここではエビの保存方法と選び方について紹介していますので参考にしてください。

【エビの冷蔵保存期間】2~3日程度
【エビの冷凍保存期間】2~4週間程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 エビの冷蔵保存方法・保存期間

エビは、正しい方法で冷蔵保存すれば約2~3日保存することが可能です。
もし使い切れない場合は、冷凍保存に切り替えてください。
冷蔵保存方法は下記の通りです。

■エビの冷蔵保存方法
①買ってきたエビを早めにトレイから出します
②下処理(頭と背ワタ、殻)を取っていきます
③下処理後に塩を振り10分ほどおいてから水洗いします
④水気をとったらラップで包んで冷蔵保存してください

■エビの冷蔵保存可能期間
・エビの冷蔵保存期間:2~3日程度

STEP2 エビの冷凍保存方法・保存期間

使う予定がない場合や使いきれないときは迷わず冷凍保存したほうが美味しい状態を長期間保つことができます。
冷凍保存方法は下記の通りです。

■エビの冷凍保存方法
①買ってきたエビを早めにトレイから出します
②下処理(頭と背ワタ、殻)を取っていきます
③下処理後に塩を振り10分ほどおいてから水洗いします
④水気をとったらラップで包みます ⑤最後にフリーザーバックに入れ冷凍庫にて冷凍保存します

■エビの冷凍保存可能期間
・エビの冷凍保存期間:2~4週間程度

STEP3 エビの選び方

エビは鮮度が落ちやすいので選ぶ際によく見て買っておいたほうが長期間保存できたり美味しい状態のものを食べることができます
新鮮なエビの選び方は下記の通りです

■エビの選び方
①頭がついているエビの場合、頭がきちんとついていてぐらつかないものが良い
②エビに頭が無いものを選ぶときは殻にツヤがあるものが良い
③なるべく透明のものを選ぶようにすると良いです
④エビの身の部分がたっぷり詰まっている張りのあるもの
⑤尾や足の付け根部分が黒いときは鮮度が落ちている可能性があるので尾や足の付け根部分をチェックする
⑥エビは鮮度が落ちやすく変な臭や悪臭などがあった場合は買わないように注意する

スポンサードリンク

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>エビの保存方法

↑ PAGE TOP