魚(切り身)を保存する際に注意する点と魚(切り身)の選び方について掲載

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>魚(切り身)の保存方法

魚料理は下ごしらえが大変ですが、切り身の場合は、そのまま調理できるのが嬉しいところです。
調理時間を短縮することができるので、忙しくて時間がなくても、美味しい魚料理を作って食べることができます。

切り身の魚は1匹ものに比べると、加工されている分、空気に触れる部分が多く、早傷みやすいものです。
なるべく早めに処理をするなり、保存を行って、美味しくいただきたいものです。

【魚(切り身)の冷蔵保存期間】当日
【魚(切り身)の冷凍保存期間】2~4週間程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 魚(切り身)の特徴と種類

魚は鮮度が第一ですので購入の際にはしっかりと見極めてから購入したほうが良いでしょう。

■魚(切り身)選び方
①加工日が新しい(できれば当日)ものを選ぶようにしましょう。
②魚から水分が出ていないものを選ぶようにしましょう。
③切り身に透明感があり、色が鮮やかなものが新鮮です。
④鮮度が落ちてくると色がくすんできて、弾力がなくなってきますので避けましょう。

STEP2 魚(切り身)の冷蔵保存方法・保存期間

魚(切り身)は、店頭に並んでいる時点で鮮度の低下がかなり進んでいますので持ち帰りする時間をいかに短縮するのかにより保存可能期間が変わってしまいます。
鮮度や美味しさを考えると、できれば早めに食べる方がよいでしょう。
また、少し前に塩麹が流行りましたが、そのような調味料に下漬けしておけば、すぐに調理することができ、時間短縮しながらも美味しい魚料理ができます。

■魚(切り身)の冷蔵保存方法
①購入後持ち帰るときは氷や保冷剤を利用して早めに持ち帰る
②持ち帰った切り身はすぐに冷蔵庫のチルド室へ移します
※2日以上使う予定がない場合は迷わず冷凍保存したほうが良い。
※夏場など高温の時は、魚が傷みやすく、鮮度が落ちやすいので特に注意しましょう。

■魚(切り身)の冷蔵保存可能期間
・魚(切り身)の冷蔵保存期間:当日

STEP3 魚(切り身)の冷凍保存方法・保存期間

生の魚(切り身)が消費期限内に食べきれない場合は、早めに冷凍保存を行います。
また、冷凍時間を利用して、切り身を調味料に漬け込んでおく方法もあります。
粕漬けや味噌漬けなどです。
解凍してから調理をすると、魚に調味料の味がしみ込んで非常に美味しく出来上がります。

■魚(切り身)の冷凍保存方法
①切り身を取り出して塩少々を振って水分を出してキッチンペーパーで拭きとります
②1切れずつラップに包んで、空気が入らないようにします
③フリーザーバック等の保存袋に入れます
④冷凍庫にて冷凍保存します
※長期間冷凍すると、冷凍焼けを起こしたりすることがあります。
■魚(切り身)の冷凍保存可能期間
・魚(切り身)の冷凍保存期間:2~4週間程度
※できれば2週間をめどに食べきった方が良いでしょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>魚(切り身)の保存方法

↑ PAGE TOP