サバを保存する際に注意する点とサバの選び方について掲載

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>サバの保存方法

サバの特徴としては、まず寄生虫がいるため生のまま食す事はできません。
また、サバは傷むのがとても早い魚ですので、冷蔵保存しても翌日までは美味しく食べられませんので購入したその日に食べきってしまった方が良い魚です。
保存をしたいのであれば、購入してすぐに冷凍保存してしまうか、調理して保存するかのどちらかが良いと思います。


【サバの冷蔵保存期間】1日程度
【サバの冷凍保存期間】2~3ヶ月程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 サバの選び方

サバを選ぶ際に一番注意しないといけないのは傷むのが早い魚だと頭に入れて選ぶことです。
とにかく鮮度が良いものを選ぶことが大事で国産のさばを選びましょう。

■鮮度の良いサバの選び方
①身と皮に張りがあるものが良い
②皮の模様(青色)がはっきりしているものは鮮度が良い

■鮮度が落ちているサバの特徴
②全体がブヨブヨしていてるもの
③切り口が柔らかくなっているように見えるもの。

STEP2 サバの冷蔵保存方法

サバは魚貝類の中でも特に劣化が早い魚ですので冷蔵保存には適していません。
基本は、購入してすぐに冷凍保存もしくは調理して食べきってしまいましょう。

STEP3 サバの冷凍保存方法

とにかくさばは傷みが早いので、購入後は1秒でも早く冷凍保存したほうが良いと思います。

■サバの冷凍保存方法
①冷凍しやすい大きさに切り身の状態にします
②ボールに水と酒大さじ2を混ぜたもので切り身にしたさばを洗います
※お酒が入った水で洗う事でさばの臭みが取れて、解凍して調理した時に臭みがなく調理ができます。
※ヌメリもしっかり取った方が臭みが出ないのでしっかりヌメリを取りましょう。
③しっかり洗ったら水気を切り、キッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ります
④水気をしっかり拭き取ったサバに軽く塩をふります
※塩をふると身が引き締まり、焼いた時にうまみが増しますし、煮つけても味がしみ込みやすく美味しく仕上がります。
⑤切り身1つずつ空気が入らないようにラップで密閉します
⑥何切れかまとめてジッパー付きの保存袋(フリーザーバック)に入れて冷凍保存します

早く冷凍させたいので、厚みが出ないように並べて冷凍した方が良いと思います。

■サバの冷凍保存可能期間
・サバの冷凍保存期間:2~3ヶ月程度

スポンサードリンク

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>サバの保存方法

↑ PAGE TOP