子供のお小遣いの目安について掲載

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>子供のお小遣いの目安

子どもが小さいうちからお小遣いをあげるかあげないかは家庭ごとに親が決めることです。

子どもが小さい頃から大金を渡すのは良くないという親もいれば子供には小さいうちからお小遣いを多めにあげて早くお金を管理する金銭感覚を養いたいという親御さんもいらっしゃると思います。

小学生までは各家庭の両親の考え方次第で決めていけば良いもの、ただし子どもが中学校に入学してからは、同世代の友人たちとの交友関係もありますので必要最低限のお小遣いを与えて管理をしっかりさせることも大切。

ここでは一般的な家庭の平均的なお小遣いの目安について紹介しておきます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 小学校までのお小遣いについて

小学生までお小遣いは基本的には親の考え方で決めるものです。
決められたお金の中でやりくりしながら欲しいものを買うという行為は金銭感覚を養う上でとても勉強になること、しかし小さいうちから大金を渡すのは良くないとも言えます。

お手伝いをした場合にお小遣いをあげる家庭もありますし、お小遣いをあげずに必要なときに親が手出ししている家庭もありますので親の考え方次第で決めていけば良いと思います。

参考までに世間一般のあくまで目安となる小学生のお小遣いの基準について少し紹介しておきます。

■小学生までのお小遣いの目安
・小学生のお小遣い目安:100円×学年
※小学生5年生の場合は500円前後の金額を目安にあげると良いでしょう

STEP2 中学校以降のお小遣いについて

中学生以上になったら毎月決めた額のお小遣いを与えてしっかりと自己管理させる。

やってはいけないことは、足りないからその時は追加であげるということはせずに決められた範囲内でお金を管理する習慣を身につけさせてお金の大切さ、お金のありがたみをしっかりと実感してもらう大切な時期です。

将来社会に出た時にお金の価値観が分からないままでは子ども自身が苦労することもありますので自己管理させることが大切です。

■中学生以降のお小遣いの目安
・中学生のお小遣い目安:1000×学年
・高校生以降のお小遣いの目安:5000円

スポンサードリンク

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>子供のお小遣いの目安

↑ PAGE TOP