大学に必要となる出費やお金について掲載

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>大学にかかるお金

子供を育てる上で一番教育費やその他支出が増加して家計への負担が増えるのがこの時期である。

計画的に教育資金準備している家庭でもお子さんの進みたい進路によっては自宅から通学出来なく一人暮らしや寮に入る必要がある可能性もありそうなった場合には大学の教育費だけでなく住居費や生活費まで負担することになります。

また公立・国立・私立大学のうちどの大学に通うのか文系・理系などどの学部を選択するかによっても必要な資金に大きな差がありますのでしっかりと余裕をもった資金準備をお子さんが小さい時からしておく必要があります
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 大学に通わせるのに必要なお金

大学でかかるお金は、国立・公立・私立大学と自宅から通うのかアパート等を借りて一人暮らしをするのかで必要となる資金に違いがでてきます。

進む学部や行きたい大学の地域によっても格差があるので平均的な金額で記載しています。

ここでは参考程度ですが、大学4年間で必要となる学費等について概算で計算してありますので参考にしてください。

■国立大学でかかるお金(A)
4年間の費用:約2,600,000円
【内訳】
・入学金:282,000円
・授業料(年間):535,800円(前期と後期の2回払い)
・諸経費:約50,000~150,000円
※自治会費,後援会費,学生部諸費など大学により異なる
・教材費:約50,000~200,000円
※教科書代,実習費,パソコンなど授業に必要な用具等

■公立大学でかかるお金(A)
4年間の費用:約2,600,000円
【内訳】
・入学金:141,000~400,000円
※入学金大学により異なる、また県外の公立に行く場合は入学金は割高
・授業料:535,800円(前期と後期の分割払い)
・諸経費:約50,000~150,000円
※自治会費,後援会費,学生部諸費など大学により異なる
・教材費:約50,000~200,000円
※教科書代,実習費,パソコンなど授業に必要な用具等

■私立大学(文系)でかかるお金(A)
4年間の費用:約4,500,000円
【内訳】
・入学金:約150,000~400,000円
※大学により異なる
・授業料:約800,000~1,000,000円
・諸経費:約50,000~150,000円
※自治会費,後援会費,学生部諸費など大学により異なる
・教材費:約50,000~200,000円
※教科書代,実習費,パソコンなど授業に必要な用具等

■私立大学(理系)でかかるお金(A)
4年間の費用:約5,300,000円
【内訳】
・入学金:約150,000~400,000円
※大学により異なる
・授業料:約1,000,000~1,200,000円
・諸経費:約50,000~150,000円
※自治会費,後援会費,学生部諸費など大学により異なる
・教材費:約50,000~200,000円
※教科書代,実習費,パソコンなど授業に必要な用具等

上記金額が概算ですが大学の4年間で必要となるお金最低限のお金となります。
※これ以外にも一人暮らしや下宿をする場合には、年間150万円以上のお金が掛かってきますので計画的な資金準備をしておくことが大切です。

STEP2 奨学金制度について

家庭の状況により学費の支払いが困難な場合には、日本学生支援機構などの奨学金を活用することで安心して学ぶための支援を受けることができます。

日本学生支援機構の奨学金は卒業後に学生本人が返還していくもので返還されたお金がまた次の世代の学生の奨学金として活用されています。

奨学金には2種類があり【第一種奨学金】【第二種奨学金】があります。

■第一種奨学金の特徴
・対象:大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に在学する学生
・利息:無利息
・選考基準:特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な者

■第二種奨学金の特徴
・対象:大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)の学生・生徒
・利息:年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
・選考基準:第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与します。

これ以外にも大学により成績優秀者のみに給付される奨学金制度もあるので問い合わせて確認の上で申請してください。

スポンサードリンク

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>大学にかかるお金

↑ PAGE TOP