保育園に必要となる出費やお金について掲載

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>保育園にかかるお金

共働きの家庭では保育園に預けるケースが多くなりますが認可保育園の保育料は各自治体で異なる設定にされています。

認可保育園における保育料の設定は基本両親の年収によって基準が設定されており0歳、3歳未満と3歳以上でも保育料に一定の差が設けている自治体が多い。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 保育園に預けるといくらかかるのか?

保育園には認可保育園(公立と私立の認可保育園)と無認可保育園があり保育料にも大きな差があります。
また、認可保育園に通わせるにはある一定の条件をクリアすることが必要となりますのでお住まいの自治体に問い合わせたほうが良いでしょう。

■認可保育園の保育料目安
・3歳児未満:月0円~最高約8万円
(一般世帯は2~3万円前後になる場合が多い)
※両親の所得税額により大きく差がある

・3歳児以上:月0円~最高約4万円
(一般世帯は2~3万円前後になる場合が多い)
※3歳児以上になると保育料が安くなる自治体が多い

認可保育園の保育料は家庭環境や年収によって大きく差があるのでお住まいの自治体に確認してしっかりとした基準を確認したほうが良い。

■認可保育園の入園基準
・両親が仕事をするたために保育が出来ない家庭
・母親が妊娠中や出産後で保育が困難な家庭
・両親が病気・怪我障害のため保育が困難な家庭
基本的に保育が困難な家庭を対象に入園できるのでお住まいの自治体に問い合わせて条件をクリアしているのか確認したほうが良い。
入園の優先順番は、多少の違いはあるが多くの自治体で基本的に「点数制」を採用している場合が多くパートよりフルタイム勤務や母子家庭のほうが点数が高くなり入園しやすくなる。

■認可保育料の割引
・第1子と第2子以降を入園させている場合第2子以降半額、第3子以降無料になる自治体もあるので確認してください。

■無認可保育園の保育料目安と特徴
無認可保育園は園によって保育料の設定が様々ですので預けたい保育園に直接問い合わせて確認したほうが良いでしょう。
・3歳児未満:月約4万円~7万円

高所得世帯の場合は、認可保育園より無認可保育園のほうが保育料が安くなる場合もあります。
また無認可保育園のほうが入園しやすいので認可保育園の待機児童となった場合には無認可保育園に入園するのも一つの手段です。

STEP2 保育園の待機児童について

一般の世帯では認可保育園に入園したほうが保育料が格段に安い傾向にありますので認可保育園に入園させたい両親も多いです。
しかし入園のタイミングが悪いと待機児童となり入園出来ない可能性もあります。

■認可保育園に入りやすい時期
一般的に0歳児の4月が待機児童がいないので入園しやすい
・3歳児の春が児童数を増やすので入園しやすい
・基本的に4月が入園しやすい時期

■認可保育園に入りやすい条件
・待機児童となった場合はとりあえず無認可や託児所に預けてフルタイムで働きはじめて優先順番を上げると入れる可能性がある
両親がフルタイム勤務の場合入園しやすい(パートよりフルタイム勤務を優先される)

スポンサードリンク

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>保育園にかかるお金

↑ PAGE TOP