産休・育休でもらえるお金について掲載

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>産休・育休でもらえるお金

産休とは、産前42日(予定日より6週間前)産後56日(分娩日翌日より8週間)の合計98日間の休業期間で本人の希望があっても労働基準法により産後6週間は必ず仕事を休まなければなりません。
この産休期間には給料が出ないので「出産手当金」が支給されます。

また育児休業中も同じように給料がでないので「育児休業給付金」が支給されます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 出産手当金について

産休があっても無給の会社がほとんどですのでその休業の間に生活の保障としてお金の心配をせずに産休をとりやすいように「出産手当金制度」があります。

出産手当金使うことでと健康保険より最大で産前42日(予定日より6週間前)産後56日(分娩日翌日より8週間)の合計98日間の日数分の出産手当金を受け取ることができます。

■出産手当金の支給額
・標準報酬日額×2/3×産休日数=支給額
※標準報酬日額は標準報酬月額の1/30に相当する額

例:標準報酬月額210,000円 98日産休をとった場合
[支給額:約457000円]
 210,000円÷30=約7,000円(標準報酬日額)
 7,000円×2/3=約4666円(1日当たりの支給額)
 4,666円×98日=457,000(出産手当金支給額)

■出産手当金受給資格
被保険者が出産のため会社を休みその間に給与の支払いを受けていない

■出産手当金の手続き
出産手当金の申請は、基本的に会社で手続きしてくれますので相談してみてください。健康保険出産手当金請求書については医師及び勤務先の証明が必要な箇所もありますので産後に記入してもらい産後56日が経過してから勤務先で申請してもらいます。

■必要な書類
・健康保険出産手当金請求書
・健康保険証
・印鑑
・振込先口座
・出生証明(母子手帳など)

■支給日
出産手当金の手続きは産後56日以降に可能となりますが実際の支給日は申請してから2週間~1ヶ月程度かかることがありますので注意してください。

STEP2 育児休業給付金について

育児中は勤務先より給料がでないのでその間を収入の給付をするために加入している雇用保険から育児休業開始180日目までは休業開始前の賃金の67%を支給し、181日目からは休業開始前の賃金の50%を給付する「育児休業給付金」があります。

※育児休業給付金の引き上げが2014年4月に行われ育児休業開始180日目まで67%となっている

■育児休業給付金の支給額
・6ヶ月の平均月給×67%(181日以降50%)=支給額

例:平均月給200,000円 10ヶ月給付うけた場合
[支給額:約1,200,000円]
  200,000円×67%×6ヶ月=約800,000円
  200,000円×50%×4ヶ月=約400,000円
  800,000円+400,000円=1,200,000(支給額)

■育児休業給付金の受給資格
被保険者(育児休業前に2年以上勤務していて育児休業後に復帰予定の方)が1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に対象となる

■育児休業給付金の給付期間
子が1歳に達する日の前日までの間(パパママ育休プラス制度を利用する場合には1歳2か月までの間になる。詳しくは問い合わせてください)

■育児休業給付金の手続き
・申請先:基本的には勤務先
・申請時期:育児休暇を取得する1カ月前まで
※必要な書類等分からないことがあれば基本的には勤務先経由でハローワークへ申請することとなるので事前に問い合わせてみておくと安心できます。

■必要な書類
・育児休業給付受給資格確認票
・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
・育児休業基本給付金支給申請書
・印鑑
・振込先口座
・出生証明(母子手帳など)

スポンサードリンク

快適節約収入生活育児子育てにかかるお金>産休・育休でもらえるお金

↑ PAGE TOP